オナ禁中の筋トレは気持ちいい

4669704581_576762d77e_b_convert_20131021075409-thumbnail2

今日は久しぶりにジムで筋トレをやってきました。ジムと言っても、公共の体育館に併設しているトレーニングルームです。そこは、最新マシンや豊富な種類のダンベルやバーベルが揃っているので、
かなり気に入ってます。使用料も安い!!普段は自宅でトレーニングするのですが、2週間に1回のペースで、気分転換のためにそこでトレーニングしています。

オナ禁中の筋トレ効果

オナ禁が習慣になってから、体力や回復力がアップしてるようで、以前よりも筋肥大効果を実感しています。トレーニング中も、体にパワーがみなぎっている感覚があり、途中で疲れることなく、集中して鍛えられてます。

筋トレは気持ちいい!!

筋トレというと、辛いとか、苦しいとか、疲れる・・・といった、マイナスなイメージを持っている方もいるかもしれません。しかーし!正しい筋トレを実践するなら、そのようなイメージは一変すると思います。
私にとって、筋トレは「気持いい!」「疲れが取れる」「気分が明るくなる」「仕事のモチベーションアップ」・・・・といったように、プラスのイメージしかありません。私がほぼ毎日、短時間でも筋トレの時間を確保するのは、筋トレが人生の質を上げるからです。筋肥大という肉体的な効果は、即効で現れるわけではありませんが、精神的な効果は、筋トレ後すぐに現れます。ホントに気持いいですし、気分爽快になれます。

 
筋肉がパンパンに膨れ上がる”パンプアップ”の状態は本当に気持ちいいですし。
アーノルド・シュワルツェネッガーは「パンプアップはセックスよりも気持ちいい」という言葉を残していますが、本当にそうだと思います。

 
筋トレにより、成長ホルモンが分泌され、若々しい肉体、肌を維持することもできますし、やる気もアップします。私は自分の体ではっきりと実感していますよ。

正しい筋トレ

筋トレが、辛いとか、疲れるというイメージを持たれるのは、恐らく、スポーツ選手などが必死の形相で筋トレしている姿を、テレビなどで見るからではないかと思います。重いバーベルを必死で挙げたり、スクワットを何百回もやったり・・・腹筋を毎日200回やっているという肉体派芸能人もいますしね。

 
重さに挑戦したり、回数に挑戦したりすれば、筋肉が付くというわけではありません。一番重要なのは、筋肉に効かせることです。もちろん腹筋200回やれば筋肉に効いているとは思いますが、全身の疲労の方が大きく、効率のいい筋トレとは言えません。
それぞれのスポーツによって鍛え方も違うとは思いますが、筋肉をつけるという目的なら、重さや回数のことはあまり気にせず、筋肉に効かせられているか ということを意識してやることをおすすめします。息もそれほど上がらず、疲れ果てるということは絶対ありません。むしろ気分がスカっとしますし、元気が出ます。全身の疲労は少ないですが、目的の筋肉はパンパンにパンプアップし、筋肥大効果も望めます。

 
筋肉に効かせるには、先ず負荷を思いっきり下げてみてください。私は、以前ベンチプレスを90kgでやっていましたが、今は20kg以上は扱いません。もう2年以上20kg以下の負荷で鍛えていますが、大胸筋は大きくなっています。ダンベルプレスをやる場合も片方7~8kgですし、チェストプレスも16kg~18kgでやっています。ホントに目的の筋肉のみに効かせるトレーニングをやろうとすると、このくらい軽量がちょうどいいのです。
お前ガリガリじゃねえの??と思われるかもしれませんが、身長175cmで体重73kg、体脂肪率は15%です。
効かせるトレーニングを始めてから、体脂肪率はほぼ変わらず、体重は8kg増えていますから、筋肉は確実に増えています。どの部位もかなり軽量で鍛えていますが筋肥大していますので、筋肉を増やすには扱う重量を増やすしかない!という思い込みは捨ててもいいと思いますよ。重量を増やすことも、もちろん大事ですが、それよりも筋肉に効かせられているかを第1に考えながらトレーニングしてみてください。そういうトレーニングの方が続けられると思いますし、筋肥大効果も実感しやすいと思います。
オナ禁と筋トレは最強コンビですから、是非やってみてくださいね。

 
オススメサイト(外部リンク)
成長ホルモンをドバっと出せば体がたるまないらしい
成長ホルモンの分泌は大人になっても「やる気」に影響する!
オナ禁中の筋トレは気持ちいい!! でした
オナ禁マン


PAGE TOP