オナ禁マンの成功法則

オナ禁マンの成功法則 オナ禁で健康な身体に!筋トレでの肉体改造・健康に関する情報も紹介!スピリチュアル・願望実現についても!

空腹感の健康効果

calendar

800px-coyote_portrait-thumbnail2

Christopher Bruno

空腹感を感じてます???
毎日食べ過ぎていませんか?ひっきりなしに食べ物をつまんではいませんか?毎日、空腹感を感じていなくても定時になったら食べている人も多いと思います。朝、昼、晩、毎日3食欠かさず食べ、それをずーっと続けている人も多いでしょう。でも1日に1回は空腹感を感じた方が健康にはいいのです。さらに、1週間に1日の断食をやれば、胃腸を休めることができ、栄養の吸収力も高まります。毎日3食、食べないとしても、不健康になることはありません。栄養不足になることなどないのです。

 

若返りホルモンも分泌される

4523777210_c407597532_o_convert_20131018153554-thumbnail2andriux-uk
空腹感を感じている時、体内では、モチリンという消化ホルモンが分泌されます。これは胃の中の掃除をする役目を持っています。この時お腹がグーグーとなるのです。さらに空腹状態が続くと、グレリンというホルモンが分泌されるのですが、これが脳下垂体に作用し、成長ホルモンを分泌します。成長ホルモンとは「若返りホルモン」とも呼ばれ、このホルモンが分泌されれば、筋肉もたくましくなり、肌も艶を取り戻し、代謝が良くなり・・・・とにかく体全体を若返らせる効果を得られるのです!!

頭脳明晰になる

4610418494_1100219fb6-thumbnail2RLHyde
これは誰もが経験したことがあるとは思いますが、食べ過ぎれば消化にエネルギーが回され,

頭が働かなくなります。さらに睡眠時間が足りていても、ニセの眠気に襲われ、活動できなくなることもあります。脳を働かせるためには、エネルギーが必要ですが、日中に満腹まで食べると、どうしても脳への血流が少なくなり頭が回りません。正しい断食を長期間行った人には、並外れた記憶力を獲得した人もいるようです。

空腹感は気持ちいい

5587471899_81480d40af-thumbnail2Erin Purcell
腹が減ってどうしようもない状態のときはもちろんイライラしますが、胃の中が空っぽで、適度に空腹感を感じている時は、気分がいいのです。仕事もはかどりますし、体がエネルギッシュになります。満腹状態でなくても、食事の後、消化にエネルギーが回っているときは、頭の働きが弱まり、体を動かすのも億劫になります。空腹状態の時は、呼吸も深くなるので、精神状態が研ぎ澄まされ、ストレスを感じにくくなります。

空腹感を見方にして健康になる方法

空腹の効果を維持するために、一日一食を提言している医師もいるようですが、
そこまでやる必要はありません。南雲吉則氏は、一日一食の食生活を完全に守っているようですが、やはりカロリーが足りていないように見えます。確かに若く見えますが、それは痩せているからではないでしょうか。
もっと楽に空腹感を感じ、食事を楽しみながら若返りの効果を体感する方法を紹介します。

朝食を抜いてみる

2533595627_de79bcdfb9-thumbnail2Shereen M
朝起きてそれほど食欲も無いのに、食べ物を詰め込む必要はありません。成長期の子供など、栄養が多く必要で、消化能力も高い人は食べてもいいかもしれませんが、それ以外の人は、無理に食べる必要はありません。
朝食を抜けば、前日の夕食から、次の昼食まで、約18時間の絶食状態を作り出すことができます。午前中は排泄の時間です。毎日3食食べ続けていると、空腹感を感じる暇がなく、臓器は、食べ物の消化に手一杯になります。その分、排泄にまわすエネルギーや時間がなくなり、便だけでなく、その他の老廃物も処理できません。体がどんどん汚れていくのです。
毎日、体の浄化・排泄を促していれば、体内に不要物が溜まることはありません。毎日、適度に空腹感を感じることができるので、若返りには最高の方法です。

1日断食をやってみる

6028534526_716f15d92b-thumbnail2stuntcrazy
食事を抜くと力が出ない・栄養が不足しそうで心配・・・という方は、1週間に1日だけ絶食するという方法もあります。1日断食、週末断食とも呼ばれており、定期的に続ければ健康効果を得られます。1週間に1日くらい、大きな空腹感を感じてみるのもいいと思いますよ。現代人は、おなかが減ってしょうがない!という状態をまず経験しません。食料が得られないということはありませんよね。
もし3食抜くことは辛い、週末くらい食事を楽しみたいと思うなら、週に1日だけ、1日1食にするのもいいでしょう。夜だけ食べるのです。そうすれば、家族と食卓を囲むことができますし、外で友人と食事することだってできます。

ちょこちょこ食べる

mr.beaver

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

空腹感を感じることも大事ですが、それよりもっと大事なのは、食べ過ぎないことです。満腹まで食べないようにするのです。満腹まで食べれば、消化のためのエネルギーが増えるのは当然です。しかも胃の許容量以上に食べると、さらに負担がかかります。胃の負担は、食事量に比例します。ただし、満腹まで食べると、より負担が増えます。
1回の食事量を通常の6割か7割くらいに減らせば、消化の負担も少なくて済み、絶食時間を長く取らなくても、最低でも1日に1度は空腹感を感じられます。カロリー不足の心配も無いですし、食べ過ぎも防げます。

これらの方法を組み合わせる

健康を維持するための食事のポイントは、
1・食べ過ぎないこと(腹八分以内)
2・1日に1回は空腹感を感じる
3・1週間に1日は、普段より絶食時間を長くとる

これらを守っていれば、完璧です。でも、もし全て守るのは難しい・いきなり取り組むのはきつい・・・・
と思う方は、どれか一つ選んで初めてはいかがでしょうか。また、これらのポイントを踏まえた上で、自分なりの食習慣を作ってもいいと思います。
食事というのは毎日するものなので、良い食生活を習慣にし、長期的に行うのが目的です。一時的に無理して、やっぱり無理だと諦めてまた元の生活に戻るのはよくありません。ちょっと食べ過ぎてはいないかな・・・空腹を感じることが全くないな・・・・と思う方は、食生活を見直すことをオススメします。
ただ健康を維持するだけでなく、時間を有効に使えるようになり、頭もよくなるんですから、やってみてもいいと思いますよ。

空腹感健康効果 でした
オナ禁マン

folder オナ禁マンについて

はじめに
more...

folder オナ禁関連サイト

オナ禁関連のおすすめのサイト ブログ
more...

folder 性エネルギー昇華(転換)

性エネルギー昇華(転換)よりも大事なこと
more...