塩は健康維持に必須 正しい塩分の摂り方

a0002_011391_m_convert_20131013074314-thumbnail2

塩を適切に摂って健康に!

前回の記事はこちら→塩分不足は危険です!
塩分を適量摂ることは、体のあらゆる働きを助け、健康を維持するのに役立ちます。
ただし”いい塩”でなければなりません。”いい塩”とは、人工的な加工が最小限のものです。過度に精製された塩や、余計なものが加えられていない塩です。
オススメなのは、岩塩
世界の長寿村では、岩塩を使用しているのです。ミネラルも適度に含まれており、人体には最も適切な塩なんです。

では悪い塩は・・・”精製塩””食塩”です。
精製塩とは、塩のミネラル分をすべて削ぎ落とした塩です。塩というより、塩化ナトリウム(NaCl)という化学物質と言った方がいいでしょう。塩を買うとき、商品の裏を見てください。精製塩であれば、「塩化ナトリウム:99%以上」と書かれています。塩事業センターが販売している塩も精製塩です。また、食卓塩として販売されているものにも精製塩が多いようです。”食塩”も同類です。ミネラルが含まれていません。
”自然海塩”、”自然塩”、”天然塩”と分類される塩はミネラルが豊富に含まれています。これらの塩は、塩化ナトリウムの他に、マグネシウム、カルシウム、カリウムなどの成分が精製塩よりも多く残っています。これらの塩の商品には、それぞれの成分の割合が書かれている場合もありますし、「塩化ナトリウム:90%」、「塩化ナトリウム:95%」のように表示されているものもあります。塩化ナトリウム以外の成分が5%~10%含まれているものが自然塩や天然塩ということです。
ネット上では少数ですが、自然塩や天然塩に多く含まれているにがり成分が体に良くないという話もあります。にがりというのは、塩の中のマグネシウムやカルシウムなどのミネラルを総称して呼ばれるものです。まああまり気にすることはないとは思いますが、一応にがりには害があるという情報と、そんなのは嘘だという情報も紹介します。

にがりの害 グローバルクリーン

にがり害はウソ にがりはミネラルです
塩について色々な情報がありますが、それほど気を使わなくてもいいと思いますよ。精製塩でなければいいと思います。岩塩か自然海塩を選べばいいんです。自然海塩に、さらににがりを加えている商品もあるようですが、多ければ多いほどいいというわけではありません。塩は健康を”維持”するために不可欠なのであり、多めにとれば健康が”増進”するというわけではありません。
適切な塩を適切に摂っていればいいのです。健康オタクになる必要はありません。ただスーパーで塩を買うときに、精製塩や余計なものが加えられているものを避ければいいだけ。よりミネラルバランスの良いものを選ぼうと思ったら、岩塩という選択もありです。

醤油や味噌もいいものを選ぶ

日本人は、醤油や味噌からの塩分摂取が大部分を占めています。ですから、塩よりも、こちらの方に気を使った方がいいかもしれません。
と言っても、特に難しいことはありません。

余計なものが含まれていないものを選べばいいのです。

醤油の中には、味を良くするために、ブドウ糖や砂糖、カラメル色素、サッカリンなどの甘味料が含まれているものがあります。成分表をよく見て見てください。余計なものがいろいろと入っている商品がたくさんあります。
また、減塩醤油なんかも販売されていますが、減塩は必要ありません。人体に塩分は不可欠であり、多すぎるより、少なすぎる方が悪いのです。人体は塩分を取りすぎてもすべて吸収するわけではありません。余分なものは排泄されます。もちろん1日に何十グラムも毎日摂取し続けることは体に負担がかかりますが、普通に摂っていれば健康を害することはありません。多すぎるより、少なすぎる方を心配してください。
より健康的なものを選ぶなら、二年以上熟成させた醤油を買うといいでしょう。食塩を原料としているものよりも、ミネラルを含んでいる自然海塩から作られたものの方が健康的なのは間違いありません。ただ、やはり値段は高いです。でも毎日使うものですし、サプリメントで健康を維持しようとするよりは、安く済みます。サプリメントは毒にしかなりませんから、今すぐやめてください
サプリメントの害
※腎臓が悪い人は、余分な塩分は避けてください。
また、妊婦もあまり塩分を摂りすぎることはよくないようです。下で紹介している、塩入りの白湯や卵醤は必要ないということです。

「正食と人体」塩こそ生命の源

健康を維持する塩分の摂り方

朝一杯の塩湯を飲む

これは、私がおすすめするブログで紹介されています
塩の秘密(1) 足ツボ.整体師—李哲
塩の秘密(2) 足ツボ.整体師—李哲
私も毎日、朝、塩をひとつまみ入れた白湯を飲んでいますが、効果を実感しています。皮膚も綺麗になっているように感じますし、便通もより良くなりました。
塩入り湯を飲んだ後は、すぐに(遅くても2時間後までに)便通があります。便秘で悩んでいる人には、よく効くようですから試してみてください。
塩入り湯はマズイですからポッカレモンを数滴入れるだけで大分飲みやすくなります。

卵醤

卵醤とは、有精卵の黄身に、卵のカラ半分の量の醤油を混ぜたものです。
一倉定「正食と人体」Ⅱ 卵醤
有精卵が手に入らない場合は、無精卵でも可。ただ効果は薄くなるようです。また醤油も、2年以上熟成させたものがいいようです。
これは緊急的に塩分を補給する方法なので、毎日飲むものではありません。塩分不足が長期間続いたときや、極度の疲労状態のときに飲むと効果があるそうです。頓服薬のようなものです。

減塩商品は必要ない

塩は悪者ではありません。体の機能を働かせるためには不可欠なものです。ですから、塩分が少なければ少ないほどいいというような考え方は捨ててください。
塩分量を過度に気にする必要はありません。精製塩などの、ミネラルのほとんどないものを避けることが大事です。より健康的なものを選ぶなら、ヒマラヤ岩塩や、たまり醤油などを選ぶといいでしょう。
おすすめブログ記事
白血病と塩
一倉定「正食と人体」
卵醤
健康維持に必須 正しい塩分の摂り方 でした
オナ禁マン


PAGE TOP